Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Mo' Bite

千葉県内河川を中心に川鱸を追い求める・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWリベンジ

先週末はSWのリベンジにとまたまたホームへ。
入ったのも同じポイント。
正直、今この川のほかの場所で魚を見つけられる気がしない・・・って位、良い感じなもんで。
で前回、前々回同様、まずは橋下暗部から。
これまたいつも通りLUCKY13から投げるものの今日は反応が出ない。
いつも通りベイトもざわついてきており、鱸は居る・・・はずなのだが。

次にBKRP115で暗部をウェイキングで流すと『ジュボッ』!
しっかりフッキングしたのを確認し強引に寄せるとあっさり上がってきたのはこのところのアベレージ60ちょい超え。
3.jpg
スポンサーサイト

SILVER WEEK 2

連休4日目

相棒KMBKと連休中2度目の釣行。
前回と同じ中流の橋下。
KMBKは対岸へ、自分はいつもと同じ中洲の橋下へ。

この日はいつもよりベイトの数が少なく鱸の気配も薄かった。
いつも通りLUCKY13・BKRP・ビリケン・TKR130Hなどで攻めるもののバイトが出ない。

そうこうしているうちに対岸でKMBKが魚を掛けた様子。
話を聞くと60UP位とのこと。

こっちもと思い、TKRPやBKF115リップレスチューンなども繰り出し2時間ほど流すもこちらはノーバイト。


SILVER WEEK

ちょっと遅ればせながらですが、秋の5連休のレポート。

連休初日、気温も下がってきてそろそろ良い感じのホームへ。
ポイントは中流部の中州がある橋下明暗部。
ここは昨年工事があって地形がすっかり変わってしまったが、この影響で水深が常に保たれ下げの地合では流れが最も早く今年の秋は一級ポイント。
ここは立ち位置が限定されており、橋の真下の暗部からアップキャストでの釣りが強いられる。
アップしそびれていたがこの一週前にもこの場所で60ちょいのを一本キャッチし、TKR130Hのフロントとリヤフックを一気にのばされるほどのサイズをバラしていた。

満潮から入り、流れが効き始めるまでしばし一服。
橋下で真っ暗なためこちらの気配も消せるのが良い。
下げに転じ、少し良い感じの流れが出始めるとともにベイトがざわつき始める。
時折大量のイナが必死に明暗部の境から逃げ出す様にパニックを起こし始める。
まだ明確な捕食音こそ無いものの、明暗部の暗部に定位し上流に頭を向けフィーディングの準備を整えた鱸の気配を感じる。
まずは今一番の信頼を置くルアーであるLUCKY13をチョイス。
数投で結果が出た。



recommend【naturum】
月別アーカイブ
プロフィール
Mo'Bite

versatile

千葉県内某河川をホームにする川鱸ジャンキー。
ウェーダーなしには釣りに行けません。
ルアーのコントロール性能とピンポイントへのキャスト精度を優先し主にベイトタックルを使用。
最近初代カワスペをぶち折ってしまった為カワスペ2に移行。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
logo-mini-2[1]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。