Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Mo' Bite

千葉県内河川を中心に川鱸を追い求める・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRA WILD

昨日のブログ更新後、一人でホームへ。
まずはいつもの例の場所に入る。
若潮とはいえ下げ止まり間近で水量は少ない。
さすがにこの水位では居ないかも・・・と思いつつも慎重にアプローチし、
BKRP115をピンポイントへ落としワンアクション。
ここで出なかったので気を抜いたのがいけなかった。
リトリーブを開始し、流れ着いた枯れ枝が顔を出す約1メートル四方の
水深20cmに満たない瀬の上に入った瞬間『ジュボッ!』。
一瞬乗ったもののビックリ合わせでしっかり乗せることができなかったようで、
あえなくフックアウト。
さすがにこの水量では、ただでさえ狭いこの場所では2度目はなく、
川もいよいよ干上がってきたので移動することに。


次に入ったのは、ほんの少し上流に位置する流れ込み。
以前から目を付けていたのだが、ここはアクセスが悪く、とても長い距離を薮こぎして川におりた後、更に川の中を500メートル以上歩かなければならない上、昨年は同じエリアの上流側の川が曲がったところが地形もよく実績も出ていたため、この流れ込みはこれまであまり注目していなかった。
しかし、このところ例の流れ込み以外で鱸を出せていないため、他の場所での釣りのイメージがわかず、改めてこの場所を攻めてみたかったのだ。

流れ込みまでの間、じわじわと移動しラッキー13やBKRPで対岸を流していくが反応はない。
15分ほどかけ、流れ込み対岸の正面より少し上流側にたどり着き、
流れ込みの出口の岸際にBKRPを落とすとようやく反応が出たがフッキングにはいたらない。
更にじわじわと距離をつめ、流れ込みの奥のテトラの際をねらうと着水バイト!
ワンテンポおいて合わせを入れると今度はしっかりフッキングした様子。

トルクのあるファイトで上がってきたのは、腹はヤセ気味ながらも頭部から背中にかけての筋肉と歯が異常とも思えるほど発達したマッチョな川バス。

CA380086.jpg


『獰猛』という言葉がぴったりな48cm。
CA380087.jpg



スポンサーサイト
Comment
Gaku URL ] #-
こんちわ。
見事なバスっ!おめでとうございます~。
そこで出たってのがまた感激すね!
でもまた行かなきゃなんないんじゃないです?(笑)
 2008.06.15 Sun 18:26 [ Edit ]
Mo' bite URL ] #-
GAKUさんどうもです。
お察しの通り、鱸の顔は見れずじまいでしたので、
来週末再度調査に出撃します。

実はこの後いったん車へ戻り仮眠を取り、朝マズメ同じ場所へ再挑戦したのですが、ノーバイト。
しかもこれまであまり攻めていない場所だったため地形探索と思い、
かなりディープに水中歩行をしながら対岸にキャストを繰り返していたところ、一歩踏み出した先は脇上まで水深があり足が届かない深みに。
一人だったのでメッチャ焦ってジタバタとと足をもがき、足がつくところまで戻るもウェーダーの中はグッショリ。
さすがに風邪引きそうだったのでここで調査終了しました。

この調査のおかげでかなり地形は把握できたので、
次回はなんとか結果を出したいと思います。
 2008.06.15 Sun 23:42 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://waterbooks.blog73.fc2.com/tb.php/10-5ee57d42
recommend【naturum】
月別アーカイブ
プロフィール
Mo'Bite

versatile

千葉県内某河川をホームにする川鱸ジャンキー。
ウェーダーなしには釣りに行けません。
ルアーのコントロール性能とピンポイントへのキャスト精度を優先し主にベイトタックルを使用。
最近初代カワスペをぶち折ってしまった為カワスペ2に移行。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
logo-mini-2[1]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。