FC2ブログ
Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Mo' Bite

千葉県内河川を中心に川鱸を追い求める・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折れた右腕

週末はホームへ・・・しかも日曜から月曜にかけての一昼夜の間に家とホームを3往復(3回釣りしに行ったってこと)。
結論から言うと獲れたのは日曜日の夜の一本とそれに引き換えとなった悲しい出来事のみ。

最初上流部に入るがあまり状況は芳しくなく、「どうすっかな・・・」と思っていたところにJPより河口にほど近い『牡蠣の所』で連発中とのメール。
とても良く釣れる場所でハイシーズンともなれば70・80UP連発も珍しいことではない素晴らしいポイント(ご存知の方も多いこととは思うが)なのだが、自分はどうも相性が悪く(釣果の面のみではなく)、普段自分から行こうと思うことは滅多にない場所なのだが、やはりこの時期、「景気付けに一本よいサイズが欲しい!!!」という思いにかられてしまい、思わず現地へ。
車を停めその場所へ行く間、数組のアングラーに遭遇。
見ると70アップの魚をランディングしていたり、別のチームも物持ち撮影中であったりとそこここで釣れている様子がうかがえた。
かなりの数の鱸がこのエリアに居るようだ。
しかも良いサイズが。

現場に着くやいなやJPが65位のを捕獲。
流れが速い場所であるため、逆引きで使えるルアー・・・スプラッシャー、TKR130Mリップレスチューン、バスタージャークとローテーションしていくとバスタージャークでヒット。
強い流れの中のファイトであったが、幸いなことに終止魚はこちらへ向かって来てのやり取りであったため、すんなりと足下に。
『牡蠣の所』というポイント名称が示す通り、一帯は所々牡蠣が群生しており、気をつけないとファイト中やランディング時にラインブレイクしてしまうため、足下に寄せたからと行って安心はできない。
取り込みやすい様、所々牡蠣柄が露出している間のスリットに魚を回そうと片手でロッドを立てて鱸を誘導している最中、頭の上で『パキンッ』と嫌な音とともに今まで手元にあったテンションが抜けた。
はっとして立てた右腕の先に目をやるとエンドガイド上部から先がすっぱりと無い!
『あちゃ~~~~』と一瞬思うも、スリットに寄せたはずの鱸に自然と意識は向き、目をやるとBJをしっかり咥えたままスリットに背をを出してそこに居る。
折れたカワスペをほっぽり出しリーダーをつかんでなんとかランディング。

PICT1207.jpg
今や右腕とも呼べるほどに手になじんだ初代カワスペ(中古で入手したものですが)と引き換えに手にしたのは久々にまずまず満足のいくサイズの75cm。
まだまだ良型が出そうな状況で、車に帰ればスペアのスピニングタックルは積んであったのだが、リールに糸が入っておらず、愛竿を失ったことのショックも大きくここで自分は上がることにした。
帰り道追い討ちをかけるように『81出た!』とJPからメール。
やっぱり『牡蠣の所』とは相性が悪いようだ。

この後、いつも登場している相棒KMBK宅で宴会中との情報を聞きつけKMBK宅へ。
竿を追ったショックを飲んでごまかしつつ、折れた竿の代替としてKMBK所有の天竜SRマスター86ベイトを拝借。
そのままKMBK宅で眠りこけ、朝目を覚まし早速SRの試し振りと称し再びホームへ。
『犬の所』へ入り、ラッキーで1バイト乗せるもののやはり馴れない竿のせいもあってかあっけなくバラし。
気持ちよい出方をした良いサイズだったのだが・・・。
この後『ナマズの所』まで下ったものの、あまりぱっとせづ納竿。

いったん帰ってかみさんと子供のオシメなどの買い出しに行った後、三度ホームへ。
やはり調子が出ず3本バラして終了。

自分自身ようやく調子が上向いてきているとの実感を得ていただけに、ダメージの大きい週末となったがこれも釣り、良いときも悪いときも楽しんでいけたらそれでいい・・・ってなことを思いつつ、また来週もホームへと向かってしまうのだ。

最後に、愛するカワスペの名誉の為に追記しておくが、折れたのはバスロッドだからといって決して竿が弱かった訳ではない。
事実、80UPはないものの多くの60UP70UPをランディングしてきているし、自分のメインとなる1oz前後のルアーをフルキャストし続けても腰が抜けるようなこともなく実にパワフルなロッドだ。
後で折れた近辺をよく見てみると塗装面だけではなくブランクに達していそうな陥没傷が一点あった。おそらく、以前テトラの上でコケた時に着いたのであろう。
また、折れた箇所がちょうどエンドガイドにルアーを掛けたときにフロンントフックが当たる辺りであったのを見ると、同じ箇所へフックが当たって傷ついた経年劣化か、先のコケた時に受けたダメージが原因だと思う。
理由はどうあれ、自分の使い方が原因でのロッド折れなのは間違いない。

そこでここを見ているアングラーの方で、カワスペを所有されている方(がもし居たら)に一つご相談。
どなたか格安であなたの使っていないカワスペを譲っていただけませんか?
「いいよ!」って方はメールフォームから是非ご連絡ください。
今度は折らない様、大事に使いますのでホントよろしくお願いします。




スポンサーサイト
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://waterbooks.blog73.fc2.com/tb.php/19-315e2029
recommend【naturum】
月別アーカイブ
プロフィール
Mo'Bite

versatile

千葉県内某河川をホームにする川鱸ジャンキー。
ウェーダーなしには釣りに行けません。
ルアーのコントロール性能とピンポイントへのキャスト精度を優先し主にベイトタックルを使用。
最近初代カワスペをぶち折ってしまった為カワスペ2に移行。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
logo-mini-2[1]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。