FC2ブログ
Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Mo' Bite

千葉県内河川を中心に川鱸を追い求める・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILVER WEEK

ちょっと遅ればせながらですが、秋の5連休のレポート。

連休初日、気温も下がってきてそろそろ良い感じのホームへ。
ポイントは中流部の中州がある橋下明暗部。
ここは昨年工事があって地形がすっかり変わってしまったが、この影響で水深が常に保たれ下げの地合では流れが最も早く今年の秋は一級ポイント。
ここは立ち位置が限定されており、橋の真下の暗部からアップキャストでの釣りが強いられる。
アップしそびれていたがこの一週前にもこの場所で60ちょいのを一本キャッチし、TKR130Hのフロントとリヤフックを一気にのばされるほどのサイズをバラしていた。

満潮から入り、流れが効き始めるまでしばし一服。
橋下で真っ暗なためこちらの気配も消せるのが良い。
下げに転じ、少し良い感じの流れが出始めるとともにベイトがざわつき始める。
時折大量のイナが必死に明暗部の境から逃げ出す様にパニックを起こし始める。
まだ明確な捕食音こそ無いものの、明暗部の暗部に定位し上流に頭を向けフィーディングの準備を整えた鱸の気配を感じる。
まずは今一番の信頼を置くルアーであるLUCKY13をチョイス。
数投で結果が出た。



1_20090927144706.jpg

明暗部少し上手に着水させ暗部に入る瞬間にジャークを入れ『ゴボッ』とチャグをかます。
そのまま泡をまとわせギリギリアクションする速度でリトリーブするとLUCKY13が水面に浮上した瞬間ジュボッ!
60ジャストぐらい。
唇が厚くよく肥えた秋の川鱸。

しかし、この後鱸の気配がなくなってしまった。
上がろうかな?とも思ったが、少し上流にあるいつもの流れ込みが気になりちょっと覗いてみることに。
この時期は田んぼも水抜き終わっててこの流れ込みも水は流れ込んでいないし、干潮で水も干上がっているし・・・と思いながら、通常水が流れ込んでいる落ち込みにTKRPをソフトプレゼン。
着水後そのままポーズさせサスペンド状態で漂わせると『クンッ』とラインが引き込まれた。
すかさず合わせを入れゴリ寄せすると・・・

2.jpg

51cmのでっぷり太ったランカーバス!
先頭部が張って、歯も鋭く長い典型的なホームの川バスでした。
シーバスはサイズがアレですが、コイツに免じて初日は納竿。





スポンサーサイト
Comment
釣りキチ万博 URL ] #-
こんばんは

LUCKY13でこれだけコンスタントに
シーバスを出している人は初めて見ました
シーバスゲームで効果的にLUCKY13を使いこなす
キモがありましたらぜひご教授下さい
 2009.09.28 Mon 01:05 [ Edit ]
Mo' Bite URL ] #-
釣りキチ万博さん

こんばんわ!
シーバスゲームでのLUCKY13なんですが、バスで使う場合鋭いショートジャークでダイブさせてキックバック後ポーズ入れたり、ショートターンで首降らせてピンポイントをねちねち攻めたリってのが定番の使い方だと思います。
確かにこのようなアクションでポーズ時に流れに乗せてドリフトってのも決して悪くはないのですが、鱸をターゲットにする場合は『ゴボっ』とダイブさせた後ラインテンションを保ち『引く』『巻く』部分を入れることがキモだと思っています。
またバサーからは反則だと思われるでしょうが、コイツのただ巻きによる不規則にダートしながらのウォブリングはメチャメチャ鱸に効きます。
右にふらふら~と軌道を逸したかと思うと今度はおもむろに左へふらふら~・・・しかも破綻せずオートマチックにこれを繰り返すことができ、しかも有る程度の速巻きや逆引きでも水面を割ること無く出来るってところがこのルアーの最大の強みだと思います。
まさにキングオブダーターっす。

自分はほとんど河川での鱸釣りしかしないので、ボートシーバスや干潟での釣りに有効かは確かめてはいませんが、まず間違いなく効くと思います。
 2009.09.29 Tue 00:40 [ Edit ]
マークン URL ] #-
はじめてコメントさせて頂きます。

私も“Surface”の釣行記が大好きだったので,真似をしてホームの外房河川で時々Lucky13を使ってみるのですが,まだ釣果に結びついていません。

上のMo' Biteさんのご説明,非常に参考になりましたので,また試してみようと思います。

今後も,ちょくちょく読ませて頂きますので,よろしくお願い致します。
 2009.10.02 Fri 13:02 [ Edit ]
Mo' Bite URL ] #-
マークンさん

コメントありがとうございます!
リンク先をたどってみれば・・・いつも覗かせていただいていた風来坊さんのページではありませんか!
強い共感を覚えつつみなさんの男前なレポートいつも楽しく読ませていただいておりました!
大変恐縮です!

マークンさんのいつもの川シチュエーションであれば必ずそのうち水面炸裂させてくれますよ、コイツは。

リンクさせていただきますので、今後とも宜しくお願いします!
 2009.10.03 Sat 14:31 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://waterbooks.blog73.fc2.com/tb.php/28-5f71bc92
recommend【naturum】
月別アーカイブ
プロフィール
Mo'Bite

versatile

千葉県内某河川をホームにする川鱸ジャンキー。
ウェーダーなしには釣りに行けません。
ルアーのコントロール性能とピンポイントへのキャスト精度を優先し主にベイトタックルを使用。
最近初代カワスペをぶち折ってしまった為カワスペ2に移行。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
logo-mini-2[1]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。