Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Mo' Bite

千葉県内河川を中心に川鱸を追い求める・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILVER WEEK 2

連休4日目

相棒KMBKと連休中2度目の釣行。
前回と同じ中流の橋下。
KMBKは対岸へ、自分はいつもと同じ中洲の橋下へ。

この日はいつもよりベイトの数が少なく鱸の気配も薄かった。
いつも通りLUCKY13・BKRP・ビリケン・TKR130Hなどで攻めるもののバイトが出ない。

そうこうしているうちに対岸でKMBKが魚を掛けた様子。
話を聞くと60UP位とのこと。

こっちもと思い、TKRPやBKF115リップレスチューンなども繰り出し2時間ほど流すもこちらはノーバイト。


そこで、立ち位置を変えようと中州の上流先端部まで移動する。
これまであまりやったことの無い立ち位置だが、なんだか良さげ。
BKRP115、TKR130H、ビリケンリジットと変え、逆引きと明暗部のドリフトを繰り返すがこれも反応がない。
再度LUCKY13に替え、明暗部橋脚際に落とし明暗部を全くリトリーブせずドリフトで流し、手前の岸際近くによった所で暗部から明部へとそっと引き出すようにロッドをあおるとLUCKY13がギラッと反転する魚影にガツンと引ったくられた。
しっかりと合わせを入れ、流れの中強引に寄せる。
結構でかい。
水深が有るため下へと突っ込むファイトをこらえなんとか足下へ寄せ、ランディングの体制に入る。
足場が良くないため、ずり上げるか?グリップ使うか?そのままハンドランディングするか?一瞬迷う。
グリップを選択し、護岸のため入れてある捨て石ネットが入っている足下に寄せた瞬間LUCKY13のフックが捨て石ネットへフッキング!!!
当然ランディング寸前だった鱸はフックアウト!!!
80超えてたかも・・・なサイズだっただけに本当に悔しかった。

しかしそれまでさんざん投げていながら見向きもしなくなっていた同じルアーでも、立ち位置を変えルアーの流し方を変えたことで、バイトしてきたことは新たな発見だった。



スポンサーサイト
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://waterbooks.blog73.fc2.com/tb.php/29-28a084c6
recommend【naturum】
月別アーカイブ
プロフィール
Mo'Bite

versatile

千葉県内某河川をホームにする川鱸ジャンキー。
ウェーダーなしには釣りに行けません。
ルアーのコントロール性能とピンポイントへのキャスト精度を優先し主にベイトタックルを使用。
最近初代カワスペをぶち折ってしまった為カワスペ2に移行。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
logo-mini-2[1]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。