Home  |  All  |  Log in  |  RSS

Mo' Bite

千葉県内河川を中心に川鱸を追い求める・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼に足るもの

自分が使うルアーの中で最も信頼得きるルアー
K-TEN Ripple Poperシリーズ
P5081331_2.jpg
昨年捕った鱸の実に7割以上がこのルアーによるもの。
トップウォーターは決して難しい釣りではない。
シャロー中心のそれほど大きくない川で鱸を釣るのであれば、これほど効率よく、
高活性の鱸を探せるルアーを僕は知らない。
しかもアングラーの扱い方次第で様々なメソッドにも対応する。
真ん中のチビリップルことTKRP "9/12"ははっきり言って餌だと思う。
(だから一個しか持っていないし、最近はどうしてもというときしか使わない)

[K-TEN Laboratory]
K-TENのルアーはどれも素晴らしいが、このブログを読んで納得した・・・というか感動した。
これでは釣れるに決まってる。
揺るぎないルアーフィッシング哲学のもとにルアーを生み出しているのだから。
まだ、いったことがない方はぜひ、覗きに行ってみてください。

スポンサーサイト
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://waterbooks.blog73.fc2.com/tb.php/5-17b3e774
recommend【naturum】
月別アーカイブ
プロフィール
Mo'Bite

versatile

千葉県内某河川をホームにする川鱸ジャンキー。
ウェーダーなしには釣りに行けません。
ルアーのコントロール性能とピンポイントへのキャスト精度を優先し主にベイトタックルを使用。
最近初代カワスペをぶち折ってしまった為カワスペ2に移行。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
logo-mini-2[1]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。